2020-07

放射線・放射能・に関する知識等

放射線に関してのリンク等

「正しく覚えよう!放射線の基礎知識」(エステー)

暮らしの中の放射線(放射線科学センターより)

大震災原発まとめ">大震災原発まとめ(大震災原発まとめwikiより)

原発と放射能@初心者専用">原発と放射能@初心者専用(wikiより)

wspeediのpdf">wspeediのpdf(日本原子力研究開発機構より)


核種について(原発由来厳選)

セシウム同位体について(Wikipediaより)

セシウム134について(Wikipediaより)

セシウム137について(Wikipediaより)

コバルト60について(Wikipediaより)

ヨウ素131について(Wikipediaより)

ストロンチウム90について(Wikipediaより)

プルトニウムについて(Wikipediaより)

「天然放射能と人工放射能は違う!」

線種について

α線(アルファ粒子)(Wikipediaより)

β線(ベータ粒子)(Wikipediaより)

γ線(ガンマ線)(Wikipediaより)


健康リスク等に関して

*注:一番理解し易いと思う文章の転載です。

◆放射線による年齢別の癌リスクについて

たとえば、乳幼児が1年後に癌を発病すると仮定したケースでは、
子供は5年後に発病(→青少年になる頃に発病) 、
若者は10年後に発病(→まだ若いうちに発病) 、
中高年は25年後に発病(→高齢者になる頃に発病) 、
高齢者は50年後に発病(→生きている間には発病しない) 、

といった具合になります。年齢により発病までの時間が異なるのは新陳代謝速度の関係です。 
新陳代謝が盛んな若年層ほど発病が早くなります。
乳幼児がいちばん影響が大きく、中高年では影響は小さく、高齢者では事実上影響なしとなります。
ですので、乳幼児、子供、若者などの若年層ほど注意が必要です。
なお、上の説明の年数の数字は、あくまで概算です。

◆放射線による年齢別の免疫低下リスクについて

臨床例が少ないため、現時点では明確な結論は出ていません。 
乳幼児から高齢者まで一律に免疫低下を招くようにも思えますが、
例えば鼻血発症報告件数をみると、子供が最も多く、成人は子供より少なく、
高齢者はほとんど報告が無い点などからすると、放射線による免疫低下作用も
癌リスクと同様に乳幼児や若者などの若年層ほど影響が大きく、
高齢者は影響が小さい、と推測できるかも知れません。

なお、被災地や低線量被曝地域で体調不良を訴える高齢者が増加しているとの報告があり,
この報告を根拠に 高齢者は免疫低下の影響を受けやすい とする意見が一部にありますが、
体調不良は高齢者だけでなく全年齢で増加している点、高齢者は元々体調不良が多い点、
高齢者ほど診察を受ける傾向が強い点、そして精神的ストレス(ストレスによる影響は
若年層より高齢者の方が大きい)による免疫低下の可能性もあるため、
この意見は早合点であり、誤っている可能性があります。

先にも書いたとおり、免疫低下に関しては現状臨床例が少ないため有意の結論は出ておらず、 
時間が経てばちゃんとした結論が出る可能性もありますが、現状では何とも言えません。
ですので、現時点では乳幼児から高齢者まで全員が注意するに越したことはありません。
また、癌リスクも合わせて考えると、乳幼児、子供、若者などの若年層ほど注意が必要となります。

(JAEA専門家の言葉ですと「確率的要因」となります)



免疫力を高める食べ物(気になる場合、海外産を)

ガン予防となる

免疫力を護る。活性酸素を出さない、生活習慣。

出来るだけ笑った方が免疫力は高まる

夜は睡眠をしっかり摂る。暗くして眠る(明るくしない)起きたら朝の光を浴びる。

過度な労働は避ける

日焼けを避ける

タバコ煙は吸わない

過度な飲酒を避ける。
適量範囲。

うつ状態とならない。(発想、生活習慣の切り替えなど)
(インフルエンザはネアカな人はかかりにくく、このため免疫力を高めている傾向がある。ただし無理してネアカになる必要はない)*ネアカ>>根が明るい人

心地好い疲労がかかる程度歩く。

胃腸に負担をかけない(胃腸に負担をかければ免疫力は低下。消化の悪いものは心臓にも負担をかける。胃腸を壊した、体調が悪い時などは、お粥、うどん、など消化のよいものを摂取。油で揚げ菓子など食べない→特に開封し時間が経過した物はバツ。腸内環境を悪くする。)

身体を冷やさない。
ガンの芽は冷えた身体に発生。また身体の芯までよく温めるとガンの芽は滅する。再発防止にも

寒い時期は身体を冷やす食材は避け、身体を温める食材を摂取する。

入浴などで身体の芯まで暖める
岩盤浴の効果が上げられていますが、身体が弱っていたり、体調が悪い、心臓が弱い人は避ける。また持病がある場合は医師に先に相談を。健康な人のよに長時間は※避ける短い時間内





関連記事

«  | HOME |  »

広田熔接工業

福島県須賀川市所在 「広田熔接工業」の 紹介ブログ 更新担当は二代目の 広田雄一です。

広田雄一

Author:広田雄一
広田熔接工業外観

尚、お問い合わせ等は 下部のメールフォームより お願いします。

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

リンク


福島県HP

須賀川市HP

こちら、ながぬま情報発信局!

福島県ブログ・ホームページ検索サイト「Fukushima24」 熔接 放射能 放射線 専門家 資格 測定 モニタリング 熔接 放射能 放射線 専門家 資格 測定 モニタリング
 

株式会社アクト

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: